ワークショップのご案内

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ >>

NEW

鴻上演劇研究所ワークショップ

日本の演劇人を育てるプロジェクト

日 時 短期間で集中的に、演技の基礎となるあらゆる技法をお伝えする講座です。
3人の演出家が講師を手がける、それぞれ異なるアプローチの演技レッスン
舞台を中心に活動している俳優の方はもちろん、演出家や、演劇部顧問の先生、 ワークショップリーダーの方など、あなたが学びたいことに一番近い講座を見つけてください!


①台本の読み解き方講座 (講師:板垣恭一)
2024年7月6日(土)〜7日(日)*2日間通しの講座です。/13:00〜20:00(2日間とも)
※2日目の講座終了後、1時間程度の個別相談の時間を設ける予定です。

演技って「動き」を作ることができたら「喋り」はついてくるものだと思います。
では動きは何によって作られるかと言うと「気持ち」だったりします。
では気持ちを作っているものはと言うと……というようなことを考察・実践するワークショップです。
もうひとつ「物語とは何か」ということについても考えてみようと思います。
演技は物語の中に存在するので、物語について詳しいに越したことはないからです。
あと「面白い」ってどういうことなのかについても触れようと思います。
というような場なので、演出や作劇に興味のある方も楽しめるはずかと。
よかったら遊びに来てください。


②「役作り」のヒントとアプローチ法(講師:黒川竹春)
2024年9月15日(日)/13:00〜21:00

自分自身で短い一人芝居を創作、実演することを通して、俳優としての客観性、役作りの取り組み方を学ぶ講座です。
一人芝居と言っても、難しい内容ではなく「今日家からワークショップの会場に来るまでの自分」「家に帰ってから寝るまでの自分」など、身近なテーマを用いて創作していきます。
俳優にとって大切な素養である自身に対する客観性を養い、演技力、舞台上での瞬発力の向上を目指したい方ぜひご参加下さい!


③鴻上尚史のオープンワークショップ(講師:鴻上尚史)
2024年10月12日(土)〜14日(月・祝)(3日間)/13:00〜21:00(3日間とも)

このワークショップの内容は、演劇のあらゆる面を、高速度でおさらいするものです。
具体的には、「正しい発声とは何か?」「身体を意識するとはどういうことか?」という基本的なことから、「動きの発見」「ラバン・システム」 などのムーヴメントへのアプローチ、
「スタニスラフスキー・システム」・「サブテキストの発見」などの演技の基礎、そして演技力向上のための各種エチュードを3日間たっぷりと行う予定です。
対象は、実際に俳優活動を行っている人・プロの俳優になりたい人・仲間と劇団を作ったけれど、どうしていいか分からない人などですが、
他にも演劇をどう指導していいか分からない人(演出家・演劇部の先生)・声と身体の表現力を向上させたい人なども受講頂けます。
会 場 ①②③とも
都内スタジオ
受講料 ①台本の読み解き方講座
 ・・・10,000 円(税込・2日間通し・事前お振込)
  (※日本劇団協議会正会員団体所属の方は8,000円。
    「所属団体名(正会員団体)」を明記してください。)

②「役作り」のヒントとアプローチ法
 ・・・6,000 円(税込・事前お振込)
  (※日本劇団協議会正会員団体所属の方は5,000円。
    「所属団体名(正会員団体)」を明記してください。)

③鴻上尚史のオープンワークショップ
 ・・・20,000 円(税込・3日間通し・事前お振込)
   (※日本劇団協議会正会員団体所属の方は18,000円。
     備考欄に「所属団体名(正会員団体)」を明記してください。)
  ※過去に「鴻上尚史のオープンワークショップ」にご参加いただいた方は同講座にはお申し込みいただけません。

募集人数 ①台本の読み解き方講座
 ・・・ 18名/先着順・要予約

②「役作り」のヒントとアプローチ法
 ・・・ 15名/先着順・要予約

③鴻上尚史のオープンワークショップ
 ・・・25名/先着順・要予約
 ※過去に「鴻上尚史のオープンワークショップ」にご参加いただいた方は同講座にはお申し込みいただけません。

募集期間 ●受付中
台本の読み解き方講座(講師:板垣恭一)開催:2024/7/6(土)〜7(日)
(定員に達し次第締切)

※現在、
・9/15開催:「役作り」のヒントとアプローチ法(講師:黒川竹春)
・10/12-14開催:鴻上尚史のオープンワークショップ(講師:鴻上尚史)
は募集期間前のため、お申し込み頂けません。受付開始まで今しばらくお待ちください。(講義開催日の約2ヶ月前から募集を開始する予定です。)
  • 詳細情報はこちら
  • お申し込みはこちら

終了しました

新進演劇人育成講座 スタニスラフスキーシステムの基礎から学ぶワークショップ

令和 5 年度 文化芸術等総合支援事業( 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業 )
日本の演劇人を育てるプロジェクト

日 時 俳優の仕事の基本に立ち戻る密度濃い7日間

現代演劇の国際的な交流の最先端で俳優教育を担うシェンタリンスキー教授とニジェリスコイ氏を招き、俳優としての基礎訓練の方法論を学びます。
募集開始は2024年1月5日(金)を予定しています。

2024年2月19日(月)~25日(日)10時~17時(途中休憩あり)
会 場 スタジオシェイクスピア

166-0012 東京都杉並区和田1-1-12 ペガサスビル 6F
東京メトロ丸ノ内線「中野富士見町駅」下車徒歩約2分
受講料 一般=30,000円
日本劇団協議会 正会員=27,000円
募集人数 20名
募集期間 2024年1月5日(金) より2月3日(土)まで

オンラインお申込みフォーム

  • 詳細情報はこちら
  • お申し込みはこちら

終了しました

演劇を使った平和を考えるワークショップ

生活の中に演劇を―新しい活動拠点形成事業―

現在大都市以外で継続的に演劇を鑑賞・創造することは難しく、芸術体験の地域間格差が拡大しています。この課題を解決するため、劇団協は2つのエリア(四国・沖縄)で重点的に演劇の魅力・有効性を発信し、各地域の芸術体験機会の充実に貢献することを目的とし、本事業に取り組みます。

日 時 演劇を使った平和を考えるワークショップ

2023年11月18日(土)  14:30~16:30(沖縄県宮古島市)
2023年11月20日(月)  13:00~15:00(沖縄県名護市)
2023年12月15日(金)  18:00~20:00(沖縄県宮古島市)
2023年12月23日(土)  14:00~16:00(沖縄県名護市)

村長たちの言い分とは?
とある地域、隣接したいくつかの村が揉めています。
村長たちが集まる会議で、いろんな言い分があるようですが、誰も納得せず平行線です。
どうしたら、平和的に解決するのでしょうか?みんなでアイディアを出し合い、
話し合いをアシストしましょう!

ゲーム的に遊びながら「合意形成」=話し合いで、意見の一致を目指します。
話し合いで平和は目指せるのでしょうか!?

会 場 11月18日、12月15日
宮古島市未来創造センター 11/18多目的ホール、12/15研修室1~3
沖縄県宮古島市平良字東仲宗根807番地

11月20日
公立大学 名桜大学
沖縄県名護市字為又1220-1

12月23日
名護中央公民館 1・2研修室
沖縄県名護市港2丁目1-1
受講料 無料
  • 詳細情報はこちら

鴻上演劇研究所ワークショップ

日本の演劇人を育てるプロジェクト

日 時 短期間で集中的に、演技の基礎となるあらゆる技法をお伝えする講座です。
3人の演出家が講師を手がける、それぞれ異なるアプローチの演技レッスン
舞台を中心に活動している俳優の方はもちろん、演出家や、演劇部顧問の先生、 ワークショップリーダーの方など、あなたが学びたいことに一番近い講座を見つけてください!


①台本の読み解き方講座 (講師:板垣恭一)
2024年1月6日(土)〜7日(日)*2日間通しの講座です。/13:00〜20:00(2日間とも)
※2日目の講座終了後、1時間程度の個別相談の時間を設ける予定です。
演技の構成要素は「動き」「喋り」「役の気持ち」です。この3つは分かち難く結びついておりますが、逆に言えばどこから発想してもOKだとも言えます。このワークショップでは、それぞれの構成要素についてのコツを教えるものになります。演出や脚本作りに興味がある方も、この講座はいいかもしれません。なぜならこの場で僕が話すことは、演出家が現場で求められている「言葉」であり、脚本を書く上での「要点」でもあると思うからです。キャリアの有無は問いませんが、冷やかしはお断りします。稽古場は一人一人が己と戦う場所ですので、そのことに敬意をはらえる方なら歓迎です。精神論ではない演技論をお伝えするワークショップです。


②「役作り」のヒントとアプローチ法(講師:黒川竹春)
2024年1月20日(土)/13:00〜21:00
※一部チラシにて2023年12月2日開催とご案内しておりましたが、都合により開催日が変更になりました。
自分自身で短い一人芝居を創作、実演することを通して、俳優としての客観性、役作りの取り組み方を学ぶ講座です。
一人芝居と言っても、難しい内容ではなく「今日家からワークショップの会場に来るまでの自分」「家に帰ってから寝るまでの自分」など、身近なテーマを用いて創作していきます。
俳優にとって大切な素養である自身に対する客観性を養い、演技力、舞台上での瞬発力の向上を目指したい方ぜひご参加下さい!

③鴻上尚史のオープンワークショップ(講師:鴻上尚史)
2024年2月10日(土)〜12日(月・祝)(3日間)/13:00〜21:00(3日間とも)
このワークショップの内容は、演劇のあらゆる面を、高速度でおさらいするものです。
具体的には、「正しい発声とは何か?」「身体を意識するとはどういうことか?」という基本的なことから、「動きの発見」「ラバン・システム」 などのムーヴメントへのアプローチ、「スタニスラフスキー・システム」「サブテキストの発見」などの演技の基礎、そして演技力向上のための各種エチュードを3日間たっぷりと行う予定です。
対象は、実際に俳優活動を行って いる人、仲間と劇団を作ったけれど、どうしていいか分からない人、プロの俳優になりたい人、演技をどう指導していいか分からない人(演出家・演劇部の先生)、など。
会 場 ①②③とも
都内スタジオ
受講料 ①台本の読み解き方講座
 ・・・10,000 円(税込・2日間通し・事前お振込)
  (※日本劇団協議会正会員団体所属の方は8,000円。備考欄に所属団体名を明記。)

②「役作り」のヒントとアプローチ法
 ・・・6,000 円(税込・事前お振込)
  (※日本劇団協議会正会員団体所属の方は5,000円。備考欄に所属団体名を明記。)

③鴻上尚史のオープンワークショップ
 ・・・20,000 円(税込・3日間通し・事前お振込)
   (※日本劇団協議会正会員団体所属の方は18,000円。備考欄に所属団体名を明記。)

募集人数 ①台本の読み解き方講座・・・18名/先着順・要予約
②「役作り」のヒントとアプローチ法・・・15名/先着順・要予約
③鴻上尚史のオープンワークショップ・・・25名/先着順・要予約

募集期間 受付中
(定員に達し次第締切)
  • 詳細情報はこちら
  • お申し込みはこちら

終了しました

11/30 鴻上尚史 ・講演会「コミュニケーションのヒント」
         ・演劇ワークショップ(愛媛県)

生活の中に演劇を―新しい活動拠点形成事業―

現在大都市以外で継続的に演劇を鑑賞・創造することは難しく、芸術体験の地域間格差が拡大しています。この課題を解決するため、劇団協は2つのエリア(四国・沖縄)で重点的に演劇の魅力・有効性を発信し、各地域の芸術体験機会の充実に貢献することを目的とし、本事業に取り組みます。

日 時 ①講演会 
  13:30〜「コミュニケーションのヒント」(要整理券)

コミュニケーションの達人とは「誰とでもすぐに仲良くなれる人」のことではなく、「ものごとがもめた時に、なんとかできる能力がある人」のことです。コミュニケーションを上達するためにはどうしたらいいのか。最近話題の「エンパシー(相手の立場に立てる能力)の育て方を含めて、よりよいコミュニケーションの秘訣を語ります。

②演劇ワークショップ
  18:00~21:00 (要申込/先着)
会 場 あかがねミュージアム(愛媛県新居浜市)
受講料 無料 / 全席自由
募集人数 ②演劇ワークショップ 定員30名(先着)
  • 詳細情報はこちら
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ >>