2017年度ワークショップのご案内

文化庁委託事業
平成29年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業
日本の演劇人を育てるプロジェクト
新進演劇人集中講座

2017StoneCrabs 英国発 演劇人のためのワークショップ

日 時 シェイクスピア作品への新しいアプローチ方法、マスクを使った演技・キャラクターへのアプローチ方法を知りたい俳優・演出家、発声の技術・身体能力を高めたいと考えている俳優、外国人演出家・俳優・指導者との作品創りに興味のある方

シェイクスピア探求コース 
2017年7月10日(月)~15日(土)16時~22時
・ブラジル出身の演出家アウグスト・ボアールのテクニックを用いてエクササイズを行い、即興劇の理論を学ぶ。
・ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーやセントラル・スクール・スピーチ・アンド・ドラマにて発声を指導してきたシシリー・ベリーの手法を用いて、呼吸・体のコントロール法・リラクゼーション等、発声法先般について学ぶ。
・シェイクスピアの文体について、原語の分析をし、形式・特徴について学び、シェイクスピア作品全般の理解を深める。
・シェイクスピア作品の中からシーンを取り上げて、キャラクター・シーン創りをする。その際、戯曲への様々なアプローチ方法を実践的に学ぶ。

俳優のためのマスクコース 
2017年7月11日(火)、13日(木)、15日(土)12時~15時
・ニュートラル・マスク、ハーフ・マスク、フル・マスクの3種のマスを用いて、それぞれのマスクがもたらす効果を比較し、マスクを使った表現方法について学ぶ。
・ルコック・システムを元に作った方法論を用いて、身体表現と演技の幅を広げ、心と体を自由にする。
・マスクが身体管理能力・演技力・想像力を高めるためのツールであることを理解し、役作り・シーン創りのための新しいアプローチ方法を学ぶ。


会 場 スタジオニンバス
東京都中野区中央5-2-1ナカノビルB1
講 師 ■StoneCrabs Theatre Company(劇団ストーン・クラブズ)とは?■
2002年からロンドンを拠点とし、演劇製作、ワークショップ・トレーニングプログラムを企画・運営している英国公認の劇団。英国の作品だけでなく、三島由紀夫(日本)、ネルソン・ロドリゲス(ブラジル)等、多国籍の作品を多国籍の俳優・スタッフと創ることを特徴としている。2011年にはInternational Press Award for Theatreを受賞。2012年に所属俳優であるテレザ・アラウジョがBrazilian International Press Award for Theatre を受賞。大学や専門学校と提携し、若い俳優・演出家のためのプログラムを積極的に行い、今まで養成してきた俳優・演出家は膨大な数になっている。

フランコ・フィギュレド【シェイクスピア探求コース講師】
劇団ストーン・クラブズの創立者・芸術監督。ブラジルとイギリスで演出家として活動。2003年にローズ・ブラフォード大学(英国)の大学院コースを卒業し、ブラジル演劇とヨーロッパ演劇の手法を組み合わせた演出法で30作品以上の舞台を演出。2005、6年にシシリー・ベリーと共にロイヤル・シェイクスピア・カンパニーで『ヴェローナの二紳士』を共同制作。日本の作品は、2004年に三島由紀夫作『卒塔婆小町』『綾の鼓』を、09年に『班女』を演出。09年にはNelson Rodrigues作『Affter Doroteia』でFocus Brazil Awardを、11年にはDean Atta作『Queen Pokou』でInternational Press Award for Theatre Directingを、2014年にはブラジルでBrimbinha Theater Awardを受賞。

クウォン・ローク【シェイクスピア探求コース講師】
劇団ストーン・クラブズ芸術監督。マレーシア生まれ。ギルドホール音楽演劇学校(英国)で修士号を取得後、ロンドン大学でギリシャ・アジアの古典演劇の学士号を得て、その後バリで仮面演劇を学ぶ。イギリスを中心に、香港、タイなどのアジア各国でも演出家・ワークショップ指導者として活動。ストーン・クラブズには、2006年にメディアから高い評価を受けた『Our Lady of the Drowned』で演出として携わって以来、フランコと共に芸術監督として在籍。日本の作品では2009年に『地獄変』を演出。現在はフランコと共に、若い演出家を育成するプログラムの指導者としても活動。また、リージェンツ大学にてアクティングの講師として勤務。

テレザ・アラウジョ【シェイクスピア探求コース講師】
劇団ストーン・クラブズ俳優・ワークショップ指導者。フェデラル大学(ブラジル)にて心理学を専攻。ブラジルで二つの主演女優賞を受けた後、渡英。LIFTと共に様々なコミュニティーシアタープログラムを行う。ストーン・クラブズ第一回公演から俳優として在籍。2006年に「Our Lady of the Drowned』に出演し、主演として高い評価を受ける。日本の作品では2004年に三島由紀夫作『卒塔婆小町』『綾の鼓』に出演。ストーン・クラブズでは俳優として活動すると同時に、ワークショップ企画担当として難民団体、老人団体などとの演劇ワークショップを企画し、指導者として活動。

クミコ・メンデル【俳優のためのマスクコース講師】
劇団イエロー・アース芸術監督。イースト・アングリア大学(英国)を卒業後、バリのジャック・ルコック国際演劇学校にてマスク、コンメディア・デッラルテ、バリ仮面等について学ぶ。劇団イエロー・アースでは、アジア人作家の作品のプロデュースや演出を数多く行う。劇団Clean Breakにて12年間フィジカルシアターとマスクを教え、芸術教育学校ロンドン、マウントビュー舞台芸術アカデミー、イースト15等の演劇学校でマスクとムーブメントの講師として勤務。俳優としては、英国ナショナル・シアター、ヤングヴィク、The Gate等の劇場に出演。劇団A Thousand Cranesの共同芸術監督でもあり、日本の物語やアートを英国の若い観客に紹介する作品を多数上演している。
受講料 ・シェイクスピア探求コース・・・20,000円(6日間)、劇団協正会員の方は18,000円
・俳優のためのマスクコース・・・ 8,000円(3日間)、劇団協正会員の方は 7,000円

※見学のみ希望の場合は1日2,000円
応募資格 1年以上の演劇経験者。基本的に全日程に参加できる方。
募集人数 シェイクスピア探求コース・・・25名
俳優のためのマスクコース・・・15名
募集期間 6月23日(金)締切

応募者多数の場合は抽選とさせていただきます
お申込み方法 shirasaka@nevula.co.jp(※@を小文字に)までメールにてご連絡ください。
件名に「演劇人のためのワークショップ応募」と記入し、氏名・メールアドレス・電話番号・希望コース(「シェイクスピア探求コース」か「俳優のめのマスクコース」のどちらか、または両方)・身長体重・年齢・演劇の経験(所属劇団・事務所名等)を明記してください。※劇団協正会員の方は、その旨も明記してください。
※連絡先メールアドレスは shirasaka@nevula.co.jp(StoneCrabs日本事務局:白坂恵都子)からのメールが受信できるよう設定してください。
お問い合わせ 公益社団法人日本劇団協議会(平日10時~18時)
03-5909-4600
StoneCrads日本事務局:shirasaka@nevula.co.jp(@を小文字に変更してください)



twitter