2021年度公演のご案内

●文化庁委託事業 令和3年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業
日本の演劇人を育てるプロジェクト 

現在、第一線で活躍する演出家たちが選考し、最優秀賞に選ばれた作品はかならず上演される戯曲賞として2010年から続けている事業。 「日本の劇」戯曲賞2020では、2020年6月30日締切までの応募総数は46作品。1次選考を経て最終選考候補6作品を選出し、同年10月8日の最終選考の結果、佳作に『世界が私を嫌っても』が選出された。

「日本の劇」戯曲賞2020成果発表『世界が私を嫌っても』リーディング

有吉朝子
演 出 内藤裕敬(南河内万歳一座)
日 時 2021年9月下旬
主 催 文化庁・公益社団法人日本劇団協議会
お問い合わせ
日本劇団協議会 03-5909-4600(平日10時~18時)