2020年度公演のご案内

●文化庁委託事業 令和2年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業
日本の演劇人を育てるプロジェクト 「日本の劇」戯曲賞

現在、第一線で活躍する演出家たちが選考し、最優秀賞に選ばれた作品はかならず上演される戯曲賞として2010年から続けている事業。
「日本の劇」戯曲賞2019では、2019年6月28日締切までの応募総数は53作品。1次選考を経て最終選考候補7作品を選出し、同年10月3日の最終選考の結果、最優秀賞『ガラスの部屋のミューズ』が選出された。

「日本の劇」戯曲賞2019最優秀作品上演『ガラスの部屋のミューズ』

あらすじ




2018年、春。日本を代表する画家・木皿霊央が死んだ。
彼が描き続けた一人娘の楚和は行方知れず。

そして夏、東京、上野。
美大生の青年・テルホは、動物園のサル山の前で、ルネと名乗る少女に出会う。
彼女の中に楚和の面影を見出したテルホは、ある提案を持ちかける……。

殺風景な部屋に集う人々、次第に剥き出しになっていくエゴ。
少女を巡る議論の末、彼らの至った結論とは――。

「日本の劇」戯曲賞2019、最優秀賞受賞作。

キャスト

  • 玉田志織
  • 永田聖一朗
  • 前田悠雅 (劇団4ドル50セント)
  • 牧田哲也

  • 島 ハンス

    1990年、大阪府生まれ。だいたい埼玉で育つ。お茶の水女子大学在学中より演劇活動を始め、劇作と役者を経験。大学卒業後、サラリーマンとして働く傍ら、断続的に演劇活動を行う。日本劇作家協会主催「戯曲セミナー」2017年度の受講を経て、2018年2月、劇団ヤリイカの会を旗揚げ。
    演 出 中屋敷法仁
    スタッフ 美術:乘峯雅寛
    音響:中島正人
    照明:三澤裕史
    衣裳:西本朋子
    舞台監督:渡邊 歩 本郷剛史
    プロデューサー:伊藤達哉
    宣伝美術:Coa Graphics
    日 時 2020年10月14日(水)~18日(日)
    恵比寿・エコー劇場

    10/14 10/15 10/16 10/17 10/18
     
    13:00
    14:00
    17:00
    19:00


    ※ 開場は開演の30分前。
    会 場 恵比寿・エコー劇場



    東京都渋谷区東3-18-3
    JR・地下鉄恵比寿駅 徒歩5分
    ※駐車場はございません

    主 催 文化庁
    公益社団法人日本劇団協議会
    入場料 チケット(全席指定・税込)(前売りのみ)
    一般:4,000円
    学生:2,500円 ※当日受付にて、学生証確認。

    ※当日券の販売はありません。
    ※未就学児童入場不可。
    ※劇場エレベーターの使用ができません。恐れ入りますが、車椅子でのご来場はご遠慮ください。
    チケット取扱い チケット発売⽇︓9⽉27⽇(⽇)
    チケットぴあ
    (Pコード:503-152)

    ※チケットは、インターネットでのみ販売。店頭、電話での受付はございません。1人1枚まで。
    本公演のチケット購入時に登録の氏名・緊急連絡先は、万が一来場者から感染者が発生した場合など必要に応じて保健所等の公的機関へ提供させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
    既に情報を登録済みのお客様は、正しい情報で登録されていることを必ずご確認下さい。
    一定の距離を保つため、お客様同士の座席の間隔をあけてお座りいただく予定です。

    ◎配信
    上演ステージのうち、1ステージのライブ配信を予定しております。
    詳細は決まり次第お知らせいたします。
    お問い合わせ 日本劇団協議会 TEL/03-5909-4600(平日10時〜18時)
    twitter