2014年度ワークショップのご案内

文化庁委託事業
平成26年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業
日本の演劇人を育てるプロジェクト 新進演劇人集中講座

日本の近代・現代劇へのアプローチ 西川信廣演劇ワークショップ

日 時  近代戯曲の様々な側面に探りを入れ、近代戯曲本来持っているの面白さ、奥の深さを発見していきます。 演劇経験にさらに磨きをかけたい方はもちろんのこと、コミュニケーションツールとして演劇を学んでいる方にも最適のワークショップ。2週間の濃密な旅へ一緒に出発いたしましょう。

2014年7月17日(木)~31日(木)
※7月24日(木)は休講

18:30~9:30
※7月20日(日)は14:00~17:00

【今までの使用戯曲】
岸田國士作『動員挿話』『秘密の代償』『驟雨』、森本薫『みごとな女』『かどで』  など
当ワークショップでは今までも、日本の近代戯曲に様々な側面から探りを入れ、古くさいものと思われてた近代戯曲が本来持っている面白さ、新しさ、豊かさを発見してきました。

会 場 文学座稽古場

東京都新宿区信濃町10
(JR信濃町駅徒歩5分・東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅徒歩9分)
講 師 講師
西川 信廣(文学座・演出家)
文学座を中心に商業演劇から小劇場までストレートプレイを中心に幅広く活躍。
最近の主な演出作品に『ベンゲット道路』『ウィット』 『オナー』『マイ・フェア・レディ』 『最果ての地より さらに遠く』『6週間のダンスレッスン』『女相続人』『殿様と私』 『日陰者に照る月』『定年ゴジラ』 『美しきものの伝説』
『岸田國士傑作短編集』『エゲリア』 『セールスマンの死』『夏の盛りの蝉のように』など。 紀伊國屋演劇賞個人賞、芸術選奨文部大臣賞新人賞、読売演劇大賞・優秀演出家賞など受賞多数。
受講料 50,000円
応募資格 演劇経験者(高校生以上)
募集人数 20名(男女各10名)
募集期間 6月2日(月)~7月9日(水)必着
(劇団窓口での受付は11時~17時/日・祝日を除く)
お申込み方法 ●履歴書
・日本劇団協議会または文学座のHPよりダウンロード
・市販のもの
●カラー写真2点 
写真は顔と全身が写ったもの各1枚を添付して下さい。
●参加動機・自己PR
なぜこのワークショップを受けようと思ったかを400字以内で書き添えて下さい。
●返信用封筒
必ず82円切手を貼った返信用封筒を入れて下さい。(定型サイズのもの)

以上を同封の上ご郵送ください。
申込み書のダウンロードはこちら(クリックしてください)から
提出書類は返却致しません。

お問い合わせ 公益社団法人日本劇団協議会(平日10時~18時)
〒160-0023
新宿区西新宿6-12-30 芸能花伝舎3F
『西川信廣演劇ワークショップ』係
03-5909-4600

文学座(日祝を除く11時~17時半)
〒160-0016
東京都新宿区信濃町10
文学座内『西川信廣演劇ワークショップ』係
03-3351-7265
info@bungakuza.com


twitter