2017年度公演のご案内

●文化庁委託事業 平成29年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業
日本の演劇人を育てるプロジェクト 「日本の劇」戯曲賞

現在、第一線で活躍する演出家たちが選考し、最優秀賞に選ばれた作品はかならず上演される戯曲賞として2010年から続けている事業。「日本の劇」戯曲賞2016では、2016年6月30日締切までの応募総数は58作品。1次選考を経て最終選考候補5作品を選出し、同年9月23日の最終選考の結果、『同郷同年』が最優秀賞に決定した。  
 

『同郷同年』

あらすじ

「逃げるんじゃない。次に行くんだ。」

同じ郷で同じ年に生まれた「同郷同年」の3人の男。
核廃棄物の最終処分場の誘致に乗り出したが、
是非を問う住民投票で彼らは惨敗。
追い詰められた1人が、ある決断を告げた。
郷土への思いの果てに、彼らを待ち受けているのは
未來への希望か、それとも破滅へのカウントダウンなのか・・・。

キャスト

  • 吉見一豊
  • 中野英樹
  • 松田洋治
くるみざわしん

くるみざわ・しん/「北区つかこうへい劇団戯曲作法塾」「伊丹想流私塾」を経て2007年、『うどん屋』で「テアトロ新人戯曲賞」佳作を受賞。劇団「光の領地」を旗揚げし、大阪を中心に活動。14年、『青い炎』が「部落解放文学賞」佳作、『蛇には、蛇を』が「日本劇作家協会新人戯曲賞」最終候補。15年、『ひなの砦』が「OMS戯曲賞」佳作。近年は「エイチエムピー・シアターカンパニー」の公演にドラマトゥルクとして参加し、海外の現代戯曲や日本の古典(歌舞伎)の上演に取り組む。詩人としても作品を発表し、「伊東静雄賞」佳作、「部落解放文学賞」等を受賞。
演 出 宮田慶子
スタッフ 美術:土岐研一、照明:中川隆一、音響:長野朋美、衣裳:赤穂美咲、舞台監督:川原清徳、バリアフリーサービス:鯨エマ、宣伝美術:山内珠樹、プロデューサー:仲村和生
日 時 2017年9月13日(水)~18日(月)

9/13 9/14 9/15 9/16 9/17 9/18
  月(祝)
13:00
14:00
17:00
19:00

☆終演後「日本の劇」戯曲賞2016最優秀賞の授賞式を行います
バリアフリーサービス(要予約・無料)
◆は音声ガイドサービス、舞台説明会実施。車いす利用席各ステージ2名。受付での筆談対応。台本の事前貸出。介助者無料(1名まで)

開場は開演の30分前
当日券は45分前から受付
会 場 恵比寿・エコー劇場
JR・地下鉄「恵比寿」駅 徒歩5分
〒150-0011 東京都渋谷区東3-18-3 
(駐車場はございません)
主 催 文化庁
公益社団法人日本劇団協議会
入場料 全席指定
一般/前売 3,000円 当日 3,500円
学生/前売・当日とも 2,500円(日本劇団協議会のみ取扱)
チケット取扱い チケット 7月11日(火)発売開始
日本劇団協議会 オンライン予約03-5909-4600(平日10時~18時)
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:458-718)
  セブン・イレブン、サークルK、サンクス、チケットぴあ各店舗
カンフェティ 0120-240-540(平日10時~18字オペレーター対応)
協力 アクトレインクラブ、演劇集団円、円企画、コムレイド、菅野重郎
制作協力 ネビュラプロジェクト、NAPPOS UNITED
バリアフリーサービス 9/14(木)14時
9/16(土)13時
9/17(日)13時

上記の回はバリアフリーサービスがございます(要予約・無料)
音声ガイドサービス、舞台説明会実施。車いす利用席各ステージ2名。受付での筆談対応。台本の事前貸出。介助者無料(1名まで)
お問い合わせ 日本劇団協議会TEL/03-5909-4600(平日10時~18時)
twitter