掲載日:2019.9.13

日本劇団協議会NEWS No.66 発行日:2019.9.13

●令和元年・2年度 日本劇団協議会事業部メンバー募集
6月の総会で新役員が決まりましたので、事業部メンバーを募集いたします。
前回と同様、各事業部が機敏に動けるよう、公募をした上で常務理事会にてそれぞれの事業に必要な人数やメンバーを検討します。
立候補される方は、所属団体の了承を得た上で、応募用紙に記入し、事務局宛てにメールでお送りください。

<公募する事業部>
◆普及啓発事業部:演劇公演をひろく普及し、バリアフリーな観客づくりを進めるための事業。
 (担当理事)井上麻矢、金本和明、紫雲幸一、白川浩司、米山実

◆調査研究事業部:正会員団体の上演記録集計の他、基礎的なデータを収集し、創造環境を整備する事業。
 (担当理事)伊藤達哉、杉山弘、福島明夫

◆教育事業部:青少年向けの公演、学校でのコミュニケーション授業、ワークショップなど演劇の教育分野における可能性を探り、基盤を整備する事業。
 (担当理事)田辺素子、西垣耕造、眞鍋卓嗣

◆交流事業部:「社会的包摂」「国際交流」「地域間交流」「劇団間交流」「劇場との交流」など5つの交流をテーマに事業展開の可能性を探る事業。
 (担当理事)衛紀生、大鳥裕士、高橋正徳、西川信廣、渡辺弘

<事業内容に鑑み、公募せず委嘱する事業部>
◆広報事業部:機関紙join、公式ウェブサイトなどにより、劇団協の活動や演劇についてひろく発信する事業。

◆人材育成事業部:「日本の演劇人を育てるプロジェクト」など、現代演劇の人材をひろく育成する事業。

◆組織運営部:法務、財務、正会員・賛助会員拡大、新規事業の企画立案などの組織運営を行う。

◎応募締切:10月6日(日)必着
◎応募先: 藤木
◎決定:10月下旬予定


●日本芸術文化振興会 応募相談会・説明会について

芸団協では、学校における芸術教育について、文化庁の方々をお招きした意見交換会を実施します。参加呼びかけ対象は、芸団協正会員団体(劇団協等)と傘下の芸術団体です。芸団協にお申込みください。
日本芸術文化振興会


●NHK「令和2年度 出演3団体申し入れ」について 

出演条件に関して、協同組合日本俳優連合、一般社団法人日本芸能マネージメント協会、日本劇団協議会の3団体により「NHKへの申し入れ」を行いました。
twitter